電気のひっ迫宣言の本当の意味

皆様、おはようございます。
太陽光のピンク社長です。

昨日も「電力需給ひっ迫注意報」が発令されました。
歴史上最多の緊急発令です。

そもそも供給する電力が足りなくなると何が起きるのでしょうか。

電気は大量に貯蔵が出来ない為、常に需要に
合わせた供給を調整しバランスを保つ必要があります。

このバランスが崩れると電気の品質の一つである
周波数を60Hzに保てなくなり、最悪の場合大規模停電が発生する恐れがあります。

電力の安定供給のためには、最低でも
予備率が3%以上確保する必要があります。

来冬には予備率が-0.6%になるとも予想されています。

つまり大規模停電が発生するという事です。

歴史的な猛暑で電気使用量が増えたためとも言われていますが、
本当は二つの大きな原因があります。

一つ目は、地球温暖化です。

歴史的猛暑、歴史的梅雨の短さ
この二つが意味していることは地球の大きな環境変化です。

地球温暖化に伴う異常気象で住まいを追われる「気候難民」は、
武力紛争が原因で生じる難民の3倍に上り、
2050年までに2億人を超すとも試算されています。

だから、2030年までに世界各国が一致団結して地球温暖化を遅らせる為に
本気で「脱炭素」に取り組む必要があるのです。

二つ目は、大量に電気を貯蔵できる蓄電池の必要性です。

蓄電池が開発されれば、太陽光発電がベースロード電源となり
安心安全なエネルギーが実現します。

電気を自分で作って自分で使う自家消費型太陽光発電にすることで
脱炭素と電力需給率ひっ迫の一助となる事が出来ます。

工場の屋根に0円で太陽光発電を設置し、停電回避協力、
電気代金削減、脱炭素に協力したい方はお気軽にお問合せくださいね。

o円太陽光についての詳細はこちら
https://www.tsp-cg.com/ppa

初期費用0円太陽光|株式会社ティーエスピー

関連記事