私が再生可能エネルギーを推進する本当の理由

みなさま、こんにちは。
ピンク社長こと多田多延子です。

私が再生可能エネルギーを推進する
本当の理由をお話します。

それは、大切な地球を守るためです。

20年後の自分と家族と友人の
しあわせな未来を作りたいのです。

image

再生可能エネルギーは
原子力や火力に比べて圧倒的に安全性が高いです。

原子力は放射能、火力は爆発の危険性があります。
どちらも事故が起これば周辺地域に及ぼす影響は計り知れず、
最悪はそこに住めなくなります。

2016年4月14日及び4月16日に発生した
熊本地震は震度7、震度6といった巨大地震及び
千数百回を超える余震が続いています。

熊本県に隣接する鹿児島県にあり、
今回の地震の震源となったと考えられる
活断層上に建設されているといわれる
川内原発は稼働を続けています。

万が一、福島第一原子力発電所のように
事故が起きれば、九州全体が放射線の
海と化するでしょう。
想像するだけでも、恐ろしい事です。

私は、大切な日本を、家族や友人を、
安全な再生可能エネルギーで守りたいのです。

再生可能エネルギーとは、
風力、太陽光、太陽熱、地熱、バイオマス、水力、波力など、
何度も資源が再生するエネルギーのことを指し、
石油や石炭などのように枯渇することもなく
継続的に使用可能なエネルギーです。

化石由来燃料とは違い、
温室効果ガスがほとんど出ないため、
温暖化防止対策としても最も好ましいエネルギー源です。

日本のようにエネルギー資源を
ほぼ100%輸入に頼らざるを得ない
資源小国にとって再生可能エネルギーは
21世紀の夢のエネルギー源です。

化石燃料や原子力から
再生可能エネルギーへの転換で、
大切な地球を守り、
20年後の自分と家族と友人のしあわせな未来を作りたいのです。

\

関連記事一覧