漫画「キセキのヒロシマ」第二巻を予約受付開始しました

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田多延子です。

お待たせ致しました
漫画キセキのヒロシマ第二巻
11月5日発刊致します

出版趣旨
来年の戦後70年を迎えます。
恨むことなく、前を向いて生きてきた日本人の
精神性を子供たちに伝えたいと
日本初、「復興」を支えた広島の女性たちの姿を描いた
漫画「キセキのヒロシマ 朝陽に映えて」
第一巻を7月に出版致しました。

日本の歴史上、最大の危機ともいえる終戦後、
戦争でほとんどの男手を取られた中で、
日本の復興を支えたのは女性たちでした。
女性の活躍は、日本の発展に不可欠な存在だったという
歴史的事実も子供たちに伝えていきたいと思っています。

キセキのヒロシマ第一巻を読んで下さった
松山の小学校教諭より
「広島への修学旅行の事前学習資料として活用したい」
とのご連絡を戴いたことがきっかけとなり、
広島市経済環境局を通じて、修学旅行で広島に来られる
年間30万人の修学旅行生への寄贈活動を開始しました。
全国の、教職員、父兄の皆様より寄贈のご希望を
たくさん賜わり広島市経済環境局を通じて
秋田県、愛知県、埼玉県、佐賀県、千葉県等の
広島へ修学旅行予定校を始め10都道府県
約700校に寄贈致します。

自費出版で始めた寄贈活動ですが反響の大きさに驚いています。
平和学習で広島を訪れる毎年30万人の修学旅行生への
寄贈活動をたくさんの方たちと共に推進するために、
この度「ピース子供基金」を設立することに致しました。
この基金は、すべて平和学習で広島を訪れる
毎年30万人の修学旅行生への寄贈及び
英語版作製、平和学習に広島を訪れる海外の学生への
寄贈活動に活用させていだきます。
広島を訪れる世界中の子供たちが、
原爆の被害を学ぶだけでなく、恨むことなく、
前を向いて生きてきた日本人の精神性を
学んで頂ける事を願っています。

ピースピースプロジェクト代表 多田多延子

【前号までのあらすじ】
タエコは、外国の元伯爵夫妻を広島に招く。
夫妻は、広島の近代的な街の美しさにヒロシマ=原爆という
負のイメージとのギャップに戸惑う。
その戸惑いは、平和記念公園で祈りを捧げた後、
理解し難い疑問としてタエコに投げかけられる。
「広島の人々は、恨むことよりも幸せに向かって
前進することを選んだのです」
タエコは、曽祖母巴の壮絶な原爆体験をかたり始めた。
原爆投下後、奇跡的に助かった寛子と二郎を抱え、
曽祖母巴が防空壕を目指して駆け抜けた。
命のはかなさを痛感し、気が遠くなるような空虚感の中から
生きる希望の光を見出す。

漫画「キセキのヒロシマ」のお求めはこちらから
http://ppp.holy.jp/book/

トランプハート★プレミア太陽光★
期間限定なのは利益とメリットが大きいから?!トランプハート

薔薇【人気】今、太陽光に投資すると
利益はどれくらいありますか?
薔薇なぜ、太陽光発電の現存物件が
「プレミア」なっていくのか?
薔薇注目キーワード「固定買い取り制度」って??

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

読者登録してね  

ひらめき電球公式ホームページは↓↓こちら↓↓ひらめき電球キラキラ

分譲太陽光.com
https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe9eb8af15.jpg
https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe9ebc5660.jpg


\

関連記事一覧