太陽光発電が「相続税対策」として注目される理由その①

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

平成27年1月1日から

相続税の基礎控除

大幅に引き下げられます。

実質的な増税とも言われています。

現行制度では、

基礎控除5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)だったのが

変更後は、

基礎控除3,000万円+(600万円×法定相続人の数)となります。

たとえば、相続人が 妻+子ども2人(合計3人)の場合、

これまで基礎控除は8,000万円だったのに対し、

変更後は、基礎控除は4,800万円となります。

相続税を延滞した場合は、

高額の延納税や延滞税が科せられこともありますダウン

そこで、太陽光発電ビジネスで

相続にかかる費用を、軽減する方法が注目されています。
image

グリーン投資減税で

法人税の節約に貢献するだけでなく、

相続税の軽減にも活用できますビックリマーク

太陽光設備は器具備品ですので、

その財産評価を行うとき、

普通償却を行った場合の未償却残高により評価を行います。

投資から数年経過したところで、

太陽光設備を次世代に移転して、相続対策に活用できます。

合同会社を活用した

具体的な方法は次回ご紹介致します。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

読者登録してね

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

トランプハート
即時償却・節税をお考えの方必見
太陽光発電を活用した即時償却
トランプハート


蝶々【人気】上場企業も活用できる「即時償却」を利用した節税対策
蝶々【最新】100%即時償却可能な新しい節税手法をご存知ですか?
蝶々太陽光投資での「即時償却」ってどれくらい「節税」出来ますか?


分譲太陽光.com\

関連記事一覧