国境なき教師団~CIESFを応援しています~

みなさま、こんにちは。


広島をこよなく愛する


ピンク社長こと

多田たえこですバラ

カンボジアは、


ポルポト政権による知識層の大虐殺と

教育制度の廃止の影響を受け、


依然教育水準は低い状態が続いています。

またここ数年は、

高いGDP成長率を誇りながらも

経済的な格差は急速に広がっており、

貧困ゆえに学校に行けないといった

貧困の連鎖


未だに起こっています汗

CIESFの始まりは、

創設者大久保秀夫氏

カンボジアの地雷除去を

長年していた友人から

今後のカンボジアの

支援を要請された所から

スタートしました。

ひらめき電球詳しくは、こちらです。

http://www.ciesf.org/

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ

カンボジアの現状を調べていくにつれ、

カンボジアの国を支援する為には

教育が大事だと感じました。

すべての始まりは教育であり、

人の育成こそが


この国を救うことになると決心しました。



世界の中でも有数の

ODAの享受国であるカンボジアは、

学校を始めとする建物や

施設は近年多く建てられています。

しかし汗

そこで行われている教育は

基礎部分が抜け落ち、

基礎のないまま

闇雲に教科書を

丸暗記するようなものでした。

先生がいないこともある。

先生の多くは副業のため、授業を休んでしまう。

コンパスや分度器を使えない。

理科の実験ができない。

こういった現状を抱えたまま

カンボジアの学校は存在しています。

生徒がしっかりとした教育を受けること、

さらにその教育を施す

先生自身が教育を受けること。


このことが今、

求められています。

CIESFは、

この課題に対し

支援を行う団体として

活動していますビックリマーク

「国境なき教師団」

CIESFによって設立された組織です。

現在、

多くの開発途上国の教育界では、

建物や設備の充実よりも、

実際に指導する教師の

の向上が求められています。

カンボジアでの活動

「国境なき教師団」では、

現在(2012年2月)日本から9名の教師を、

教育アドバイザーとして

カンボジアの教員養成校に派遣しています。

未来の教師を育てている


養成校の教官に対して、


長年の経験を活かしたアドバイスをしています。

このような人材の輩出が

外国企業の投資や進出につながり、

やがて経済の活性化に、

つながって行くのですビックリマーク

ご賛同頂ける方は、よろしくお願い致します。

読者登録してね

\

関連記事一覧