リーダーとしてのあり方~ネルソン・マンデラ元大統領から不屈の精神を学ぶ~

みなさま、こんにちは。

広島をこよなく愛する

ピンク社長こと多田たえこです。

アメリカのオバマ大統領をはじめ、

皇太子さまが各国の首脳らとともに

ヨハネスブルクで行われた追悼式典に出席されました。

皇太子さまが王族以外の葬儀に

出席するために外国を訪問されるのはめてです。

ネルソン・マンデラ元大統領は、

南アフリカ共和国の政治家、反アパルトヘイトの活動家です。
image

1960年代に国家反逆罪で逮捕され

27年間の投獄生活を送ります。

釈放後は、アフリカ民族会議(ANC)の

副議長→議長をつとめ、

1993年にノーベル平和賞を受賞。

翌94年の4月、

南アフリカ初の全人種参加選挙にて、

第8代の大統領に就任しました。

ユネスコ平和賞、アフリカ賞、


サハロフ賞、ノーベル平和賞、


国際検察官協会名誉賞などを受賞


まさに現代の偉人と呼ぶにふさわしい人物です。

大統領時代、日本のバラエティー番組

「進め!電波少年」で松村邦洋の

アポなしロケを受けたことがある

(「イヨ!大統領!憎いねコノー!」と声をかけるというもの)。

周りにはSPもいたが、

突然のことに驚いた様子だったものの、

遥々日本から来た松村を温かく歓迎してくださった

というエピソードも人柄を感じますね。

ネルソン・マンデラ名言キラキラ

どの名言もに響きます。

人生のとなる名言です。

達成するまでそれは不可能に見える。


勇者とは怖れを知らない人間ではなく、

怖れを克服する人間のことなのだ。


生きるうえで最も偉大な栄光は、

決して転ばないことにあるのではない。
転ぶたびに起き上がり続けることにある。


こんな言葉がある。

刑務所に入らずして、

その国家を真に理解することはできない。

国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、

どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。


私は学んだ。
勇気とは恐怖心の欠落ではなく、

それに打ち勝つところにあるのだと。
勇者とは怖れを知らない人間ではなく、

怖れを克服する人間のことなのだ。

教育とは、世界を変えるために用いることができる、

最も強力な武器である。


楽観的であるということは、

顔を常に太陽へ向け、

足を常に前へ踏み出すことである。

読者登録してね

\

関連記事一覧