ハプスブルク帝国の魅力に浸れるお店@銀座ハプスブルグ・ファイルヒェン

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

日本にいながらオーストリアを感じれる


エレガントなお店をご紹介いたします。


ハプスブルグファイルヒェンは、

日の沈まない国として君臨した王冠2

ハプスブルク帝国の伝統と格式を伝承した

オーストリア国家公認キュッヘンマイスター

神田真吾さんが織り成す

真のオーストリア食文化が満喫出来る

素敵なお店です。

シャンデリアもオーストリア製です。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

ハプスブルク家は、13世紀から20世紀初頭まで

約700年間にわたり、ヨーロッパの政局、

文化の発展に絶えず関わり続けてまいりました。

はじめは東方の辺境の弱小国家にすぎませんでしたが

結婚政策によって他人の作り上げた国家を頂戴していき、

カール5世の時代(16世紀前半)に全盛期を迎ています。

そのころのヨーロッパは、なんと英仏、

ローマ教皇庁領等を除くと

ほとんどがハプスブルク家の支配下だったんです。

凄いですね。

フランスとは違う、エレガントなカトラリーも

オーストリアの魅力の一つです。
広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

神聖ローマ帝国はスペイン系と

オーストリア系の2つに別れ、

スペイン系は18世紀はじめに

ブルボン家に奪われますが、

オーストリア系はマリア・テレジア女帝の時代に一つの頂点を迎えました。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

マリア・テレジア(以下、テレーゼ)は

1717年5月13日、神聖ローマ帝国皇帝、

カール6世の長女として、ウィーンに生まれます。

マリーアントワネットのお母様です。

テレーゼはプロイセンに対抗できる

軍隊を養成することを目指して、

全力を尽くし国の財政を

大貴族による寄付に頼っていたところを

全国一律の徴税制度に変えたり

この税をもとに強力な軍隊をつくったりと

女帝としても実力者です。

お城の趣味も素敵ですよ。

わたくしも何度も訪れたシェーンブルン城です。
広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

オーストリア継承戦争と七年戦争によって、

シュレージエンは永久に失われましたが、

テレーゼは20数年、強敵フリードリヒ2世と

毅然として戦い、一歩もひけをとることがありませんでした。

テレーゼによってオーストリアは、

国際政治の舞台で主要な位置を占める

列強の一つに成長。

テレ―ゼが行った大改革は、徴税制度だけでなく

政治、経済、司法、行政、教育、軍隊など

あらゆる方面にわたって根本的な改革がなされ、

オーストリアの領域に広がりました。

私も、彼女への尊敬の想いを込めて肖像画を自宅に飾っています。

ハプスブルグファイルヒェン

東京都中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN 7F

読者登録してね

\

関連記事一覧