• HOME
  • ブログ
  • 美術展
  • 【人気】パリの美術館巡り★世界最大級のモネのコレクション@印象派絵画の殿堂マルモッタン美術館

【人気】パリの美術館巡り★世界最大級のモネのコレクション@印象派絵画の殿堂マルモッタン美術館

みなさま、こんにちは。


ピンク社長こと多田たえこです。


フランス印象派の画家


クロード・モネの作品のコレクションで有名な


マルモッタン美術館 (Musée Marmottan Monet) は、


パリ市内、ブローニュの森にほど近い場所にあります。


世界最大級のモネのコレクションを誇ります。
image
特に印象派という流派名の由来となった


モネの代表作『印象・日の出』を所蔵することでも有名です。

美術館の基礎をつくったのは美術史家・収集家の


ポール・マルモッタン(1856-1932)。


美術館の建物は1840年、ヴァルミー公爵が狩猟用に建てたものを、


ポールの父でジロンド県の役人であったジュール・マルモッタンが


1882年に購入し、邸宅に改造したものです。


ポール・マルモッタンの死後、彼の美術コレクションは


アカデミー・デ・ボザールに寄贈され、


1934年から美術館として公開されました。


1957年、モネの医者であったジョルジュ・ド・ベリオの収集品が、


ベリオの娘のド・モンシー夫人から寄贈。


さらに1966年、モネの次男ミシェル・モネより、


父親モネの作品多数が寄贈。


マルモッタン美術館はこの他にも多くの


個人コレクションからの寄贈を受け、印象派絵画の殿堂王冠2なりました。

宝石赤所蔵作品

ピエール=オーギュスト・ルノワール『クロード・モネの肖像』(1872年)
クロード・モネ『印象・日の出』(1873年)
ベルト・モリゾ『舞踏会にて』(1875年)image
クロード・モネ『睡蓮』(1915年)

image

分譲太陽光.com

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

クローバーもう一度見たいあの記事クローバー

バラわたくしがピンク社長になった理由(わけ)

バラ太陽光発電が「相続税対策」として注目される理由その①

バラ「嫌われる勇気」欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学とは

バラ元・東京国税局部長が明かす「スゴい減価償却」
ピンク影薔薇銀座の「ローズガーデン2014」で魂の深呼吸

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

読者登録してね

キラキラひらめき電球公式ホームページは↓↓こちら↓↓ひらめき電球キラキラ
https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe857a1d\<br />24.jpg”></a><a target=https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe857a1d24.jpgsolar/ https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe85821b4d.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー\

関連記事一覧