• HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • 【謹賀新年】えびす社3千余社の総本社 美保神社(みほじんじゃ)にお参りいたしました

【謹賀新年】えびす社3千余社の総本社 美保神社(みほじんじゃ)にお参りいたしました

みなさま、明けましておめでとうございます。

ピンク社長こと多田多延子です。

今年も皆様にとって

素晴らしい年になりますようにお祈りしています!

島根県松江市にある美保関の美保神社(みほじんじゃ)にお参りいたしました。

式内社で、旧社格は国幣中社。菊のご紋がございました。

事代主神系えびす社3千余社の総本社です。

えびす神としての商売繁盛の神徳のほか、

漁業・海運の神、田の虫除けの神として信仰されています。

また、「鳴り物」の神様として楽器の奉納も多いそうです。

毎日朝8時半と午後の2回巫女さんの舞いもございます。

神気が満る静寂の中での演奏は一段と素晴らしい音でございました。

右殿に大国主神の子の事代主神、左殿に大国主神の后の三穂津姫命を祀られています。

『出雲国風土記』には、大穴持命(大国主神)と奴奈宣波比売命(奴奈川姫命)の間に生まれた「御穂須須美命」が美保郷に坐すとの記述があります。

改めて、日本の建国の歴史を振り返る素晴らしい機会になりました。

 

 

関連記事一覧