三重県の椿大神社をお詣り致しました

皆様、こんにちは。
ピンク社長®︎こと多田多延子(ただたえこ)です。

三重県の椿大神社をお詣り致しました。

伊勢国鈴鹿山系の中央麓に鎮座する
椿大神社は、往古神代、高山入道ヶ嶽、短山椿ヶ嶽を天然の社として、
高山生活を営まれた国つ神「猿田彦大神」を主神とし、
相殿に皇孫「瓊々杵尊」、「栲幡千々姫命」を、
配祀に「天之鈿女命」、「木花咲耶姫命」を祀っています。

猿田彦大神は、天孫 瓊々杵尊降臨の際、
天の八衢に「道別の大神」として出迎え、高千穂の峯に御先導申し上げます。

そのことより、肇国の礎を成した大神として、
人皇第十一代垂仁天皇の二十七年秋(西暦紀元前三年)、倭姫命の御神託により、
この地に「道別大神の社」として社殿が奉斎された日本最古の神社です。

仁徳天皇の御代、御霊夢により「椿」の字をもって社名とされ、
現在に及んでいます。

また、猿田彦大神を祀る全国二千余社の本宮として、
「地祇猿田彦大本宮」と尊称されています。

壮大なエネルギーの神社でした。

関連記事一覧