三原市にある満汐梅林に梅見散策に参りました

皆様、こんにちは。
ピンク社長こと多田多延子です。

私にとってピンクの梅は大好きな春を告げる
使者のような存在です。

奈良時代にはお花見と言えば梅を指すほど
古くから愛されてきたお花なのです。

縮景園に続き、三原市にある
満汐梅林に梅見散策に参りました。

梅の花言葉は「澄んだ心」。
平安時代の貴族、菅原道真が、
藤原時平との政治的闘いに敗れ、
遠い地である大宰府に左遷されてしまった時、
屋敷内にあった梅の枝が宙を飛び、
大宰府にある道真の屋敷に降りて根付いたという伝説があります。

花言葉である「澄んだ心」は、
道真を慕い、主人であった道真の住む大宰府まで自ら飛んで、 
そこで美しく花を咲かせた飛梅伝説のイメージから、
そう名付けられたんだそうです。

皆様に梅たちからの春色のエネルギーが届きますように🌸

関連記事一覧