太陽光エネルギーで作られた日本酒推譲で乾杯致しました

皆様、おはようございます。
太陽光のピンク社長です。

「おひるねみかんプロジェクト」は
耕作放棄地を活用してエネルギー(電気)と
農業を同時に取り組む営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)です。

100%太陽光エネルギーで作られた自然栽培米で作られた日本酒推譲を戴き、
スタッフが子ども世界平和サミット®︎大成功の祝杯を上げました。

わたしはお酒が飲めないので、太陽光エネルギーで作られた
おひるねみかんジュースを戴きました。

日本酒推譲は,小田原かなごてファーム✕井上酒造のコラボ日本酒です。

小田原かなごてファームは、農業イベント等で若い人材の積極的な関与を受け入れたり、
生産した酒米は地域内の酒造会社で加工するなど、
次世代の地域と農業エネルギーを担う人材育成や地域との連携を意識して取り組まれています。

※ソーラーシェアリングとは農地で「稲」を作りながら「電気」もつくる。

太陽の力を農業とエネルギーでシェアする。
それがソーラーシェアリングという取組みです。

出来た稲は地元で230年続く老舗酒造に持ち込み日本酒を造る。
小田原かなごてソーラーシェアリングは、「食」も「エネルギー」も地産地消にこだわった素晴らしいプロジェクトです。

関連記事一覧