天才ゴッホを感じられる展覧会★広島県立美術館

皆様、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

久々の広島です。

大好きな広島県立美術館で

開催中のゴッホ展に参りました。
photo:01

1886年から1888年のパリ時代

ファン・ゴッホに焦点をあてた展覧会です。

オランダ近代絵画の巨匠、

炎の画家”フインセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とは違う

天才ゴッホを感じられる

素晴らしい展覧会でした。

なかなか報われない努力に苦悩し、

自己嫌悪に陥った日々から

成長しつづけるゴッホ

是非ご覧くださいビックリマーク

彼の作品を見れば見るほど

努力がひしひしと伝わってきます。

展覧会では、アムステルダムの

ファン・ゴッホ美術館の研究チームが

7年の歳月をかけ追究した

多くの新発見を紹介します。

出品作品52点のうち

日本初公開が36点、

自画像8点が一同に並ぶ、

ファン・ゴッホ美術館の

改修に伴い可能となった

この夏注目の展覧会です。

広島県立美術館
2013年7月22日(月) ~2013年9月23日(月) 

読者登録してね

\

関連記事一覧