坂本龍馬の決意の一歩@高知県ゆすはら町脱藩への道

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

高知県ゆすはら町は、

坂本龍馬 脱藩への道として有名です。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

当時、徳川家康の命を受けて

土佐を統治した山内一豊は

士農工商という仕組みとは別に、

土佐だけで適応した身分制度として

武士の中に上士と下士という位を置いていました。

下士は、上士に対して

意見を述べることも許されず

下駄を履く事(草履かはだし)や

傘をさす事も禁じられていました。

龍馬の名言として有名な

「人の世に道は一つということはない。

道は百も千も万もある」

は、どこかに希望がもてる道がきっとあるはずビックリマーク


当時、大罪でもあった脱藩を決意したのでしょう。

龍馬脱藩の道に参りました時に

当時の龍馬の想いに同化出来たような感じでした。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image
龍馬が参拝した三嶋神社です。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

この龍馬の一歩から、日本が動き始めます。

龍馬の決意を感じた素敵な場所でした。

読者登録してね

\

関連記事一覧