吉永小百合さんの演技に魅せられました「母と暮せば」

みなさま、こんにちは。
ピンク社長こと多田多延子です。

主演 吉永小百合さん
山田洋次監督の『母と暮せば』を

image

新年にわたくしの大好きな映画館
広島市中区八丁堀にある「八丁座」にて母と鑑賞いたしました。

image

小説家・劇作家の井上ひさしさんが、
広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として
実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する
名匠・山田洋次監督が映画化された作品です。

山田監督は、
「生涯で一番大事な作品を作ろうという思いでこの作品にのぞみます」
と語っていらっしゃいました。

なんといっても、70歳の吉永小百合さんの美しさに魅了されました。

「恨むことより許す事を選んだ」
日本人女性の凛々しさ、やさしさ、精神性の高さを見事に演じられています。

ずっとヒロシマの朗読を続けてこられた吉永小百合さんしか
演じられない魂の中から「恒久平和」を訴える美しさでした。

image

主人公の福原伸子役を「おとうと」「母べえ」でも山田監督とタッグを組まれた
吉永小百合さんが演じ、その息子・浩二役で二宮和也さんが
山田組に初参加されています。

「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀獅子賞(女優賞)を受賞した
黒木華さんが、浩二の恋人・町子での爽やかな演技も素晴らしかったです。

あらすじ
1948年8月9日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で
死んだはずの息子・浩二が現れる。
2人は浩二の恋人・町子の幸せを気にかけながら、たくさんの話をする。
その幸せな時間は永遠に続くと思われたが……。

井上ひさしさんが晩年に構想されていた
「ヒロシマ」・「ナガサキ」・「沖縄」をテーマにした
「戦後命の三部作」の意思を山田監督が引き継ぎ、
「ナガサキ」をテーマに制作されました。
「ヒロシマ」が舞台である井上さんの戯曲『父と暮せば』主演宮沢りえさん 
と対になる形となっています。
井上ひさしさんは、『ひょっこりひょうたん島』
「忍者 ハットリくん」「ひみつのアッコちゃん」 などを手掛けられた方です。

戯曲『父と暮せば』や『紙屋町さくらホテル』、朗読劇『少年口伝隊一九四五』と
広島への原爆投下を題材にした作品も多い.。
これについて2009年7月に広島市で行われた講演会で
「同年代の子どもが広島、長崎で地獄を見たとき、私は夏祭りの練習をしていた。
ものすごい負い目があり、いつか広島を書きたいと願っていた」
「今でも広島、長崎を聖地と考えている」と話されています。

戦後70年を新しい視点から表現した名作品です。
是非、ご覧ください。

読者登録してね  

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

トランプハート20年間安定収入の太陽光発電
法律で買取価格が保証された堅実投資
トランプハート

ダイヤ太陽光投資で20年間、安定的に利益が出るって本当ですか?
ダイヤ【人気】今、太陽光に投資すると利益はどれくらいありますか?
ダイヤ太陽光設備の名義変更って簡単ですか?

分譲太陽光.com

\

関連記事一覧