出光興産創業者 出光佐三さんの信念にふれ感激@出光美術館

みなさま、こんにちは。

広島をこよなく愛する

ピンク社長こと多田たえこです。

門司の出光美術館に併設されている

出光興産の創業者

出光佐三さんの資料館に伺いました。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image
全て置いて、人間尊重を貫かれた

素晴らしい日本のリーダーです。
広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

たくさんの心に響く出光佐三さんの名言に出会いました。

特に、日本の建国の精神でもある

について書かれた名言には、

感動に涙いたしました。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

皇室を崇敬される事が極めて篤く、

満95歳にて天寿をまっとうされた折には、

昭和天皇が次の歌を詠まれました。

「出光佐三逝く 三月七日

国のため ひとよつらぬき 尽くしたる

きみまた去りぬ さびしと思ふ」

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

出光興産一社提供で

現在も続く『題名のない音楽会』は、

佐三さんの「芸術に中断は無い」との考えに基づき、

番組途中でCMを入れない構成となり、

現在もそれは守られているそうです。

(通常30分番組は、15分程度で中途にCMが入るが、

この番組では、最初と最後の提供コール前後しか

CMは入らず、本編は通しで放送される)

読者登録してね

\

関連記事一覧