冬の栄養補給食品は、ふるさと広島の牡蠣

皆様、こんにちは。
ピンク社長®︎こと多田多延子(ただたえこ)です。

私の冬の栄養補給食品は、ふるさと広島の牡蠣です。

広島牡蠣は全国の6割を占め日本一の生産量です。

そして、出荷基準が日本一厳しく、
県が独自に条例を定めるなど、
食品衛生上の安全対策に特に力を入れています。

注目すべき栄養素は、
たんぱく質、脂質、糖質、カルシウム、
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、リン、鉄、亜鉛など、
豊富な栄養素が含まれています。

人間の体に必要なミネラルである亜鉛の含有量は食品の中でも1番高く、
亜鉛が不足すると、免疫不全などの体が正常に機能しなくなる可能性があります。

牡蠣は現代人の普段の食生活では不足しがちな栄養素が
たっぷりつまった優秀食材です。

是非、広島牡蠣で英気を養い良いお年をお迎えくださいね。

 

関連記事一覧