• HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • 元広島東洋カープ・高橋 慶彦氏に カーボンニュートラル応援団長に就任頂きました

元広島東洋カープ・高橋 慶彦氏に カーボンニュートラル応援団長に就任頂きました

おはようございます、太陽光のピンク社長です。

元広島東洋カープ・高橋 慶彦氏に
カーボンニュートラル応援団長に就任頂きました。

就任を記念して高橋慶彦氏のサインボールをプレゼント致します。
詳しくはプレスリリースをご覧ください。

https://www.atpress.ne.jp/news/326784

✨✨

高橋 慶彦氏は、福島の郡山に3年間滞在され、
時々地元の少年野球を指導されていました。

郡山の少年達に肥満が多いことに疑問があり、少年達に質問したところ、
「外に出ると放射能の影響があるかもしれないから、極力部屋の中で過ごしている」
という回答があり、非常に驚かれたそうです。

原発事故から既に10年以上経過していますが、未だに汚染土の処理もできておらず、
子ども達の将来を考えた時に、より安心安全の電気の必要性を感じられてました。

持続可能な野球界を創るためにも、野球のキャリア以外で日本に貢献したいという
高橋慶彦氏のお気持ちから、国策である2050年カーボンニュートラル実現を
応援して頂ける事になりました。

持続可能な環境を整え、子どもたちの育成につなげる様々な取り組みを
高橋氏と協力し、今後行っていきます。

✨✨✨

■高橋 慶彦氏のコメントです。
今年の夏に環境省主催で広島で開催された
『福島、その先の環境へ。』というセミナーにゲストとして出席した時、
知人の広島出身の起業家「ピンク社長(R)」の多田 多延子さんにお会いし、
近況報告など様々な話の中で始まった企画です。

以前より、ピンク社長が再生可能エネルギー事業や
平和に関するボランティア活動をされていることは知っていました。

昨今は、工場や法人の施設の屋根に、
0円で自家消費ができる太陽光発電設備を取りつけて、
この「0円太陽光」 (※)で、国策であるカーボンニュートラルを応援しているそうです。

そこで、僕を育ててくれた街ヒロシマも、原爆が投下された暗い過去があり、
是非、再生可能エネルギーを推進の応援する為に
カーボンニュートラル応援団長に就任致しました。

✨✨✨

プレスリリースはコメント欄からご覧いただけます。

関連記事一覧