偉人のポジティブ思考習慣@マザーテレサ編

みなさま、こんにちはラブラブ

わたくしは、3歳で起業を決意いたしました

それは、曾祖母の影響です

広島市西区(横川)在住だった曾祖母は

原爆で夫、息子、娘(わたくしの祖父母です)

家、財産‥沢山の物を失いました

今から65年前の当時曾祖母は50才

まだ幼い母と生まれたばかりのおじを

女手で一つで育てなくてはなりませんでした

曾祖母は、女性起業家だったからこそ、

どんな事があっても、(曾祖母の場合は原爆)

自分の大切な人を幸せな環境で守る事が

出来たのだと思いました

母も愛に包まれて、とても幸せに育つこと事が出来ましたラブラブ

そして、わたくしもそんな能力を持つ

「起業家」になりたいと思いましたキラキラ

当時、幼稚園のわたくしが起こした最初のアクションは

「世界の偉人」の本を読むこと本

「どのように考え、なにをしたから

偉人として記されているのかはてなマーク

「自分は、どのように社会に役立てるのかはてなマーク」など

いろんなクエスチョンを自らに課しながら

学んでいきました

そこで学んだことは、

「偉人には偉人たる思考習慣がある」事です

たとえば、マザーテレサの場合


彼女のポジティブ思考そのⅠ


「反戦集会にはいかないけれど、

平和集会には行くわ」

反戦=平和ではないんですよねビックリマーク

反戦は、戦争は良くないと反対すること

平和集会は、平和は素晴らしいと賛美すること

同じような表現でも、肯定的にとらえるか

否定的にとらえるかで意味は全く違います

そして、全く違う結果が現象化しますキラキラ

どんな言葉を使い、どんな思考をするかで

人生は大きく変わってくると思いますよ

はじめに言葉ありき、幸せな言葉は

幸せな現実を巻き起こしますアップ

読者登録してね

\

関連記事一覧