人類史上最高の恋愛の達人「カサノバ」から学ぶ恋愛の極意


みなさま、

こんにちはラブラブ

広島をこよなく愛する

広島のピンク社長 こと
多田たえこです


梅雨入りしましたね

たまには、


「恋愛至上主義な」

映画も素敵ですよラブラブ



恋のエッセンスが

必要な時にお薦めです



今は亡き、


ハンサムガイ

ヒース・レジャーが


最高の恋愛の達人を

演じてくれています


「カサノバ」 

ヒース・レジャー/カサノバ

 
        

監督:ラッセ・ハルストレム

ジャコモ・カサノバ/ヒース・レジャー
フランチェスカ・ブルーニ/シエナ・ミラー

2005年・アメリカ映画・112分

ジャコモ・カサノバ

1725年ベネチアで

役者の子として生まれ、

1798年に死亡するまで、

ヨーロッパ中で波瀾万丈の人生を送った

実在の人類史上最高に

有名なプレイボーイです

でも、史上最高に愛された

男性でもあるんですアップ

 「カサノバ」とははてなマーク

王冠1ベッドでの

女性の期待を裏切らない

魅力を含めた美しく

強靱な肉体的魅力の持ち主

王冠1たぐいまれな知性と

豊かな感性の持ち主

2つの魅力を兼ねそろえ

「女性に接するときは、

真情にあふれ、優しさにみちて、


ひたすらにつくし、

決して裏切ることはなかった。」


そうです。

「一度愛し合ったら、生涯

忘れられない人になること」

それが、カサノバ評です

さすが、

実在の人類史上最高に

有名なプレイボーイ

素敵ですドキドキ

わたくしは、

ベニスに行くたびに、

映画「カサノバ」を

思い出します

彼がよく行っていた

実在のカフェで

お茶をしながら

カサノバとの

時空を超えた

ベニスの恋に浸るのも

旅の楽しみの一つです

読者登録してね


\

関連記事一覧