メンテナンス方法で太陽光売電益が大きく違うってご存知ですか?

みなさま、こんにちは。


ピンク社長こと多田たえこです。



再生可能エネルギ-事業部を立ち上げて10年。


メガソーラーコンサルタント 事業部を

立ち上げてはや4年になります。


今年1月13日から発売した


「土地付き太陽光分譲販売」が大ヒット致しました。

image

今、土地付き太陽光売電事業に参画される方は


チェック来年3月31日迄適応されているグリーン投資減税

活用して一括償却して節税したいビックリマーク


チェック20年間全量買い取り制度を活用して

20年間安定的な収入を手に入れたいビックリマーク


チェック国策として支援されている優遇低金利を活用して

キヤッシュフローを生みだしたいビックリマーク

チェックメンテナンスや保険付きで手離れをよくしたいビックリマーク

という方たちです。

注目の「土地付き太陽光分譲販売」ですが、


大きな盲点があるってご存知ですかはてなマーク

ほとんどのお客様が「誰も教えてくれなかったビックリマーク」と

言われるので皆様にもご紹介いたしますね。


太陽光パネルは、屋外に設置します。

image
太陽光パネルの架台部分は、


鳩さんたちが巣を作るのに最適です。


さんのフンは酸性の為に

太陽光パネルを腐食し劣化させますます。

雨などでは取れません。


鳩フン公害により発電量が-30%ダウン

なってしまうこともあります。

しかも、パネルを直流でつないでいるので、

一枚のパネルの発電量が落ちると

約200枚のすべてパネルに影響します。


つまり、1枚づづのパネルの管理


とても重要なのです。


普通、メンテナンスはパネルを一括管理しているので


たとえ、発電量が落ちても約200枚のパネルの発電量が


落ちた原因を外的要因なのか、内的要因なのか


見つけ出す事はとても困難ですダウン


結果、発電量が減るために売電益もってしまうのですダウン


当社は、パネル販売会社ではなく


王冠2メガソーラーコンサルタントです。


お客様の発電量=売電利益、利回りを最優先しています。

その結果、平均2500万で販売されている物件を

1800万円の低価格にも関わらず原価が上がっても


当社は、パネルの発電量を一枚一枚するソーラーエッジ搭載しています。

ひらめき電球くわしくはこちらhttp://www.solaredge.jp/minisite/jp

1枚1枚の発電を管理できるということは、

発電量の“3”>低下リスクを約1/200

することが出来るということです。

太陽光の買売は、20年間。

発電量を上げることがお客様の利益つながります。

意外な盲点もしっかりチェックして

有益な太陽光売電にご参画くださいね。

読者登録してね

\

関連記事一覧