• HOME
  • ブログ
  • 美女塾
  • マリリン・モンローが世界中の男性をとりこにし「永遠のアイコン」となった本当の理由

マリリン・モンローが世界中の男性をとりこにし「永遠のアイコン」となった本当の理由

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

世界中の男性をとりこにしたマリリン・モンロー。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

彼女はセクシーさだけではなく、

知性とユーモアをしっかりと持ち合わせた女性でした。

だから、ウィットに富んだ知性と艶やかさが

うまく混ざった、素敵な言い回しが多いのでしょう。

記者からの「何を着て寝ているのはてなマーク」の質問に、

シャネルの⑤番を着て寝るの』は、

まさに名言キラキラですよね。
広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

肉体は隠すためじゃなく、

見られるためにあるのよ
“The body is meant to be seen, not all covered up.”

                     -Marilyn Monroe

マリリンらしくて、素敵な名言だと思います。

ドキュメンタリー映画

マリリンモンロー 瞳の中の秘密

広島は、 シネツイン本通で

12/7から1週間限定で上映されています。

マリリンの人生に深くかかわった人たちのエピソード

彼女の日記や手紙から作成した真実のお話です。

ドキュメント映画の中では、

マリリンモンローの人としてのあり方を知りました。

「いつどんなチャンスが来るかわからない、

だからいつも万全の準備をしていたいの」 

             -Marilyn Monroe

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-image

大スターになったあとも、

一般の新人たちと共に一日も休まずに

演技指導の授業を受け続け、

女優としての努力を

最期まで全力で続けたマリリンモンロー。

私生児として生まれ、里親や孤児院を点々とし、

親戚に窒息死をさせられそうになる苦難を乗り越え、

永遠のアイコンとなったマリリンは、

美しさと強さをもった女神です。

読者登録してね

\

関連記事一覧