パリに行きたくなる展覧会★「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」

みなさま、こんにちは。
ピンク社長こと多田多延子です。

昨年6月はバラの美しいバリで
美術館巡りを楽しんでいました。

image

お蔭さまで、今年は事業に集中しています(笑)

image

パリへ瞬間移動出来る素敵な展覧会をご紹介致します。

image

こちらは、大好きなパリのジャックマレー美術館です。

image

会期前ですが、学芸員さんからの美術講座で
予習いたしましたので皆様にご紹介致しますね。

19世紀末から20世紀初頭のモンマルトルを想像しながら、
鑑賞されると素敵ですよ。

image

こちらの展覧会では、ユトリロの「白の時代」「色彩の時代」の
風景画をはじめ、ヴァラドンの作品において特筆される裸婦、
愛息子のユトリロを描いたデッサンや肖像画などが展示されます。

ルノワールやロートレックのモデルを務め、
ドガも認めるデッサン力を持った画家でもあった
スュザンヌ・ヴァラドンと、その母への複雑な思いから
絵を描きはじめることになった
モーリス・ユトリロの親子二人展です。

image

芸術の道を選んだ親子は、いずれもパリの北に
位置するモンマルトルで画家として開花しました。

そんなモンマルトルの哀愁漂う街並みを描き続けた
ユトリロの作品、その源泉ともいえる、母であり力強い
線描と色彩をあやつる画家でもあったヴァラドンの作品、
合わせて約80点が展示されます。

複雑な愛憎が入り組んだ親子関係という背景とともに、
天才といわれたユトリロの芸術の源泉をさぐる展覧会です。

また、ヴァラドンの肖像画にはユトリロ作品を扱っていた
画商のポール・ペトリデスや、ユトリロの妻リュシ―・
ユトリロ・ヴァロールといった、
親子の知人を描いたものもあるそうですよ。

ユトリロの描いた、モンマルトルの「サクレ=クール寺院」や、
画家たちの集ったキャバレー「ラパン・アジル」とともに、
ヴァラドンとユトリロの親子物語が繰り広げられます。
今から開催が楽しみです。

image


「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」

2015年7月11日(土)~ 2015年8月30日(日) 会期中無休
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開館時間    :午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場    :ひろしま美術館

読者登録してね  

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

トランプハート太陽光電力を高く買い取り致します!
50kw太陽光設備からプラス100万円の利益トランプハート

バラ【朗報】分譲太陽光のオーナーになられ売電を開始されている方へ20年間で100万円のお得情報

faq

 
◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆
キラキラひらめき電球公式ホームページは↓↓こちら↓↓ひらめき電球キラキラ
分譲太陽光.com

\

関連記事一覧