シンガポールの建国の父★ リー・クアン・ユーのずば抜けたリーダーシップ

みなさま、

こんにちは

広島をこよなく愛する

ピンク社長こと

多田たえこですバラ

今では信じられないことですが、

35年前の建国当時、

シンガポールの願いは

「せめてセイロンくらいになりたいビックリマーク」という

慎ましやかなものだったそうです

リー・クアン・ユー

理念と実行力、


類いまれなるリーダーシップがなかったら

シンガポールが現在の繁栄を

築くことは出来なかったと思います

リー・クアンユー回顧録〈下〉―ザ・シンガポールストーリー/リー クアンユー
¥2,940
Amazon.co.jp

リー・クアン・ユー氏は、

建国前の1959年から

31年間(35歳~67歳)、

首相として

シンガポールの舵取りを行られました

1990年に自ら首相の座を退き、

長老格ポストである

上級相に就任した後は

引続き

国政に大きな影響力を

及ぼしながらも、

各国を頻繁に訪問し、

外交を行うとともに

大学等で講演を行われています

リー上級相が

ハーバード大学での

講義のために渡米した際に

米国の著名インタビュアーの

シャリー・ローズ氏と行った

見識・透察力・コミュニケーション能力に

大変感動しましたビックリマーク

 (このやり取りは次のサイトで読むことが出来ます。)http://www.channelnewsasia.com.sg/smlee_charlierose/pt01.htm

 リー上級相が

ケンブリッジ大学を

首席で卒業したのは有名な話ですが、

1968年のイギリス訪問時に

彼の聡明さから

「いっそイギリス首相と交換しよう。」

という提案が

新聞投書を賑わしたという逸話もあります。

 リー上級相は、

集団を尊ぶ日本人を

大変肯定的に捕えていて、

2005年までには

必ず日本は経済的に復活するビックリマーク


頻繁に言われていました

素晴らしい日本

今こそ、誇りを取り戻しましょう

読者登録してね

\

関連記事一覧