ゴッホ最後の名作に出会える美術館@ひろしま美術館

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

ひろしま美術館には、

ゴッホ最後の作品と言われている

「ドービニーの庭」が所蔵されています。
image
是非、実物をご覧くださいませ。

自然を愛する少年の様なゴッホを

感じれる素晴らしい作品です。

浮世絵や日本文化を学び

日の丸日本を大好きな国」と称賛頂いている

ゴッホの映画をご紹介致します。
image

耳を切り落としたことから、

「炎の画家」と呼ばれているゴッホですが

実は、聖職者を志していた

とても敬虔な方なのです。

生前、売れた作品は1枚のみ。

それでも、素晴らしい作品を

かき続けたゴッホ。

ゴッホは、ひたすら

一生懸命に生きた人なのです。

わたくしの最も敬愛する画家のお一人です。

映画監督になる前は画家でもあった

モーリス・ピアラ監督が

最後に描いた敬愛するゴッホの物語。

「ヴァン・ゴッホ」

詳しくはこちら

http://www.zaziefilms.com/pialat/

image
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作

「悪魔の陽の下に」(1987)で知られる

フランスの名匠です。

ひらめき電球あらすじ

療養のためにオーベルの村を訪れたゴッホは、
医師ガシェの娘マルグリットと出会う。

ゴッホはマルグリッドをモデルに絵を描き始め、
やがて2人は親密さを増していくが…。

ゴッホ役のジャック・デュトロンがセザール賞男優賞を受賞。

ピアラ自身も監督としての名声を

確たるものにした代表作のひとつ。

ゴッホの絵画作品を連想させる

美しいシーンはさすがピアラ監督です。

読者登録してね

\

関連記事一覧