なぜ、太陽光発電は税法上初めての「一括償却」が適応されたのか?

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

2012年、日本政府は

再生エネルギー普及の為に、

固定買い取り価格制度を導入致しました。
image
同時に、

 「グリーン投資減税」適用による

税制優遇で、100%特別償却

(2015年3月31日まで)が可能。

 ※詳しくは、資源エネルギー庁のホームページをご覧ください。
  http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/

も適応となりました。

この税制優遇は、日本の税法が制定されて以来

初めてのことだそうです。

江戸幕府が終わり、明治政府になってから

原則としてお金で納付する制度に変わりました。(地租改正)

ちなみに、当時の所得税は

年間所得金額300円以上の人のみを対象としており、

納税者は当時の人口の0.3%しかいなかったため

「名誉税」と呼ばれていたそうです。

明治以来、最高に優遇されて30%償却です。

つまり、有史上、例をみない

特別優遇税制がこの 「グリーン投資減税」なのです。

税理士さん達は、スゴイビックリマークと絶賛されています。

これは、日本国が現在2010年時に1%だった

再生可能エネルギーの割合を

2030年までに30%にすると決断し、

それを実現するために実施した特別優遇です。

通常ですと太陽光発電設備の減価償却は17年

2015年3月末ですと1年で一括償却

このは大きいですよアップ

日本政府の本気度が感じられる制度です。

是非、ご活用ください。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

キラキラひらめき電球4/14・15開催★太陽光セミナーお申込み受付中ひらめき電球キラキラ

今、注目の投資として人気の『分譲型太陽光発電』!!太陽
フチ子さん「太陽光に興味はあるけど、実際どんな感じなの?」
サラリーマン「投資をしてみたいけれど、土地や設備がなくても大丈夫?」

分譲型太陽光投資によるメリット・リスクについてお話させて頂きます。

詳細は↓↓こちら↓↓の記事をチェックしてみて下さい!
利回り10%以上の太陽光投資の見逃せないリスクとは?
K子メールお申し込みはこちらK子メール
twitter・Facebookアカウントをお持ちの方はこちらからもご参加頂けます。

キラキラどーもっ皆様のご参加をお待ちしておりますどーもっキラキラ

読者登録してね

https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe6df4d46c.jpg https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe6df4d46c.jpgsolar/ 
https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe6dfc0025.jpg\

関連記事一覧