【記者会見】 ロサンジェルスでの総合芸術舞台「平和メッセージ」募集

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田多延子です。

 

1944年日本人という事で収容所で生まれ、

徴兵も経験されたされた

日系アメリカ人3世の写真家リチャード・フクハラ氏が

ロサンジェルスから来日されました。

 

リチャードさんから素敵なピンクの作品をプレゼント戴きました。

image

 

祈りを捧げる子供のモニュメントの中に、ピンクと赤の折鶴のアートです。

アートの枠は、竹が描かれていて、日本人の復活力、がんばれ日本の

メッセージが込められています。

image

 

今年9月に、リトル東京内のアラタニ劇場で上演する

原爆を題材にした平和を訴える総合芸術芸術

「An Afternoon of Peace:

The Hiroshima and Nagasaki Experience」

記者会見の司会を務めました。

image

この公演は、森重昭さんをはじめとした被爆者や

平和活動家にインスパイアされたフクハラの写真アートと共に、

ダンスや歌などのパフォーマンスを通して平和を訴えます。

 

記者会見には、昨年5月オバマ大統領にハグされた
森重昭さんもご参加くださいました。

わたくしの右側が森重昭さんです。

 

リチャードさんから森さんをイメージしたアートがプレゼントされました。

 image

 

トルーマン大統領の通訳を務められた小倉桂子さんも来場され、

国際的に素晴らしい平和活動をされている大先輩達に

お目にかかることが出来ました。

 

一番右側が小倉桂子さん、森重昭さん、リチャードさん、わたくし

そして特定非営利法人ANT Hiroshimaの渡部朋子さんです。

image

小倉さんは、母校広島女学院の大先輩でもいらっしゃいます。

 

又、ボランティアの通訳も

広島女学院の先輩の堀泰子さんが務めてくださいました。

image

 

ロサンゼルスで開催される総合芸術舞台では、

広島と長崎の子どもたちの平和メッセージを綴った

手紙や絵を使う演出も予定しており、協力を呼びかけています。

 

宝石赤広島・長崎から世界へ

子ども達からの「平和メッセージ」大募集

 

<募集要項>

内容:平和、愛、夢のいずれか1つ

、または2つ以上を含んでください。

形態:手紙または絵。大きさや形式は自由。

文字(日本語でOK)または絵だけでも良く、

両方をミックスしたものでも構いません。

 

※お名前、年齢、居住市を必ずご記入ください。

ご住所(任意)を記載された方には、

アメリカからお礼のお手紙が届きます。

 

対象年齢:基本的に6~18歳ですが、

たくさんの方に平和のメッセージを書いて頂き、

ロサンゼルスとの繋がりを感じて頂きたいと思っております。

年齢が前後しても構いませんので、是非ご参加ください。

 

締切:2017年7月31日

 

送付先:

〒734-0001 広島市南区出汐1-17-25

一般社団法人ピースピースプロジェクト 平和メッセージ係

 

※「Shadows for Peace」のリチャード様に、

直接お贈りされることも可能でございます。

 

 

9月16日にロサンゼルスのリトル東京で上演される

平和への願いを伝える総合芸術舞台

「An Afternoon of Peace:

The Hiroshima and Nagasaki Experience」で紹介する、

子ども達からの平和メッセージを募集しています。

 

ロサンゼルスから世界に向けて発信する

平和メッセージに是非ご協力ください。

 

読者登録してね 

 

 

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

トランプハート復興を伝える漫画「キセキのヒロシマ」トランプハート
ce-style=”font-size: 14px;” new=”” roman=”” style=”color: rgb(51, 51, 51);” times=””>ダイヤオバマ大統領より ヒロシマミラクル贈呈のお礼状を賜りました。
ダイヤ平和教育のパラダイムシフトを起こす第一歩を歩みだしました
ダイヤ恕(ゆる)すと許す、どのように意味が違うのですか?

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

\

関連記事一覧