【成功者に学ぶ】チャンスを生かす力★デビアス 創業者セシル・ローズ

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

世界で最も有名なダイヤモンドメーカーキラキラ

「デビアス」宝石赤
image

会社の名前をご存知の方は多いと思います。

でも、創業者は「デビアス」ではなく、

「アフリカのナポレオン」と呼ばれた

イギリスの政治家 セシル・ジョン・ローズです。

今まで一度も「デビアス」という名前の付いた方が

デビアスで働いたことはありません。

不思議ですよねはてなマーク

実は、この世界一広大なダイヤモンドの鉱山は

デビアス兄弟のものでした。

小指半分ぐらいのダイヤモンドがコゴロゴロしていた

ダイヤモンドの鉱山を耕していました。

農作物が採れない土地なので、

デビアス兄弟はたった1万2000ドルで

この世界最大のダイヤモンドの鉱山を

 セシル・ジョン・ローズに売ってしまうのですビックリマーク

このお話をお聞きした時に、

「チャンスを見つけ出せる能力こそ成功者の資質だ」

と学びました。

ダイヤモンド鉱山で、農作物は育たないですよねダウン

 セシル・ジョン・ローズはダイアモンドを掘り当てて

作った資金で、ダイアモンドの採掘権への投機を行ったり、

採掘場への揚水ポンプの貸し出しで儲け、

ロンドンのユダヤ人財閥ロスチャイルドの融資もとりつけて、

1880年、デ・ビアス鉱業会社を設立。

この会社は、ほぼ全キンバリーのダイアモンド鉱山を

その支配下に置き、

全世界のダイアモンド産額9割キラキラ

独占するに至ったのです。

彼はデ・ビアス鉱業会社を通じて

トランスヴァール共和国の産金業にも進出して、

世界最大の産金王にのし上がるとともに、

南アフリカの鉄道・電信・新聞業をも

その支配下に入れるまでになりました。

ローズはこの経済力をバックに政界へも進出し、

1880年、ケープ植民地議会の議員、

1884年にケープ植民地政府の財務相になり、

90年には遂に首相にまで上り詰めました。

ローズはまさに南アフリカの

政治・経済の実権を一手に握り、

その威風は帝王を思わせ

「アフリカのナポレオン」と呼ばれたそうです。

没後、600万ポンドに及ぶ膨大な遺産の大半を

オックスフォード大学に寄贈。

大学ではローズ奨励基金として、

現在も毎年多くの学生に奨学金を提供し続けています。

「チャンスを生かす力」こそ、

成功者が運命を切り開く能力なのです。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

音譜読者登録してね音譜

現在話題のトピックス

注目【徹底比較】不動産投資VS太陽光投資 その①

注目【徹底比較】不動産投資VS太陽光投資 その②



キラキラひらめき電球公式ホームページは↓↓こちら↓↓ひらめき電球キラキラ

https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe72015875.jpghttps://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe72015875.jpgsolar/ https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe720846ba.jpg

▼スーパーエコ・クリーナー購入ページ▼

 


\

関連記事一覧