【広島】世界が注目する武将茶人★「上田宗箇」ウツクシキ世界展

みなさま、こんにちは。

広島をこよなく愛する

ピンク社長こと

多田たえこですバラ

世界の茶人から注目されている

上田宗箇 武将茶人の世界展 キラキラ

「ウツクシキ」

桃山の茶 秀吉、織部そして宗箇」


の展覧会に伺いました。

photo:01


茶の湯を学ぶことによって

普段の生活が充実してきますし、

一時 ( ひととき ) の静寂、

また静寂の中の楽しさ、


清々しさ、充実感を得ることも出来ます

静心の充実、

を一生懸命生きるという

戦国武将の心の在り方は、

今日にも通じるもので、

今を生きる我々にも心の在り方

(精神的な安定、落ち着き、静かな心)は

非常に大切です。

桃山時代の武将茶人上田宗箇

桶狭間の戦いの三年後の

永禄六年 (1563)

尾張の星崎に生まれました。

十歳にして父を失い、

しばらく禅寺に預けられ、

やがて召し出されて丹羽長秀の侍児となり、

二十歳のとき、

織田信澄の首を討って

天下に勇名をはせました。

長秀没後は、

豊臣秀吉に抜擢されて越前に一万石を領し、

側近の大名として仕え、

小田原の戦いの後には、

秀吉自身の媒酌により

北政所や浅野長政の室の従妹である

杉原家次の娘を娶ります。

秀吉の側にいて

千利休の茶を学んだ宗箇は、


利休没後は古田織部との親交が深まり

ともに大徳寺に参禅して、

大徳寺百十一世春屋宗園国師より、

法諱「宗箇 ( そうこ ) 」、

道号「竹隠 ( ちくいん ) 」を授かりました。

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-ipodfile.jpg

宗箇の作庭は、

他にも和歌山城西之丸庭園、

名古屋城二之丸庭園、


広島の縮景園の作庭等があります。

大坂夏の陣では、

徳川家康、秀忠から激賞されました。


生涯一番槍を貫いた


とても勇敢な武将ですビックリマーク


この戦いの最中、

急迫する敵を待ち受けながら、

宗箇は平然として小刀を持って

竹藪の竹を切り、茶杓を二本削りました。

これが有名な「敵がくれ」の茶杓です。

生涯6度の合戦に、

常に一番槍として参戦し、

88歳の長寿を全うしたキラキラ

上田宗箇


チェックものすごく強く

チェックものすごく運が良かった

武将として

茶人として


一流を極めたキラキラ

広島が誇れる武将茶人です。


ひらめき電球400年後の今に生きる 

上田宗箇の世界 

今日2月17日(金)NHKにて 

午後8:00~8:45放送されます

是非ご覧くださいビックリマーク

広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ-ipodfile.jpg

「上田宗箇 武将茶人の世界展 

「ウツクシキ」桃山の茶 秀吉、織部そして宗箇」

 ひろしま美術館

 広島県広島市中区基町三―二 

二〇一二年二月十一日(土)~三月二十五日(日)

会期中無休
 お問い合わせ=℡082―223―2530(ひろしま美術館)

<上田宗箇展・広島 関連事業>

・2月25日(土)広島県民文化センター 入場無料

「へうげもの~武将茶人のダンディズム~」


13:00~15:00
出演:竹内順一(永青文庫館長)
   金山一彦(アニメへうげもの 上田宗箇役)
   上田宗篁
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0135341/index.html

読者登録してね

\

関連記事一覧