「一度は訪れたい美術館」に選ばれました★ひろしま美術館

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

広島というと、

原爆記念館と厳島神社を

イメージされる方も多いと思いますが、

実は広島市内中心部に素敵な美術館が3館もあるんです。

そのうちの1つ

ひろしま美術館は、美術館フリークの雑誌で

「一度は訪れたい美術館」に選ばれましたクラッカー
image

広島県庁の前と言う、利便性なのに

緑いっぱいの美術館です。

ピカソヤルノワール、ゴッホの名作もたくさんあります。

2014年4月26日(土)~ 2014年6月15日(日)は、

山寺後藤美術館コレクションを開催中です。
image

女性像と日々の営みで綴る

華麗なる西洋絵画の世界展 ~バロック絵画からバルビゾン派まで~

山寺後藤美術館は、ひろしま美術館と同じく

西洋絵画のコレクションで知られる美術館です。

時代的にも17世紀のバロック絵画および

18世紀のロココ絵画を含みますが、

それらを直接受ける形で展開した19世紀アカデミズムの

画家たちの作品も出品しています。

印象派前の貴重な作品は必見です。

是非、「華麗なる西洋絵画の世界」をお楽しみください。

【第1章】「神話・聖書・文学」
「キリスト伝」「聖母子像」などに、シェークスピア等の物語絵画を
加えた作品群を、ムリーリョなどのバロック絵画から、
ブーシェらのロココ絵画、さらにはカバネルら19世紀アカデミズム派
絵画に至る流れの中で紹介します。
【第2章】「美しさと威厳」
日本の絵画が花鳥風月を中心に描いてきたの対して、
西洋絵画は人物画がその中心をなしてきました。
とくに神話や歴史とは離れた女性像は、時に華麗な美しさを競い
時にその愛らしさを表現しました。
この章では、そのさまざまに表現された人物像を紹介します。
【第3章】「静物―見つめる」
自然のなかで生き生きと生きる花鳥を描いた日本絵画に対して、
「死んだ自然」を意味する「静物画」も西洋絵画のひとつの特徴です。
この章では、華麗さの中にも、「死」に通じる重たい意味を内在する
西洋の静物が紹介します。
【第4章】「風景と日々の営み」
西洋において自然を表現した「風景画」および大地に根ざして生きる
人々の生活を描いた「風俗画」は比較的新しい画題です。
この章では、17世紀バロックのロイスダールの作品から、
19世紀のコロー、ミレー、クールベなど近代自然主義絵画が
出てくるその流れを紹介します。

宝石赤ひろしま美術館
 場   所  〒730-0011 広島市中区基 町3-2
開催期間 :2014年4月26日(土)~2014年6月15日(日) 
開館時間 :午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

読者登録してね

現在話題のトピックス

注目【徹底比較】不動産投資VS太陽光投資 その①

注目【徹底比較】不動産投資VS太陽光投資 その②

キラキラひらめき電球公式ホームページは↓↓こちら↓↓ひらめき電球キラキラ

https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe76f2a9c4.jpghttps://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe76f2a9c4.jpgsolar/ https://pinkshacho.com/jpwp/wp-content/uploads/img/blog_import_5cdbe76fa11c2.jpg

▼スーパーエコ・クリーナー購入ページ▼

 



\

関連記事一覧