徳川家康の天下をとった食事法!

みなさま、

こんにちはラブラブ

広島をこよなく愛する

ピンク社長 こと
多田たえこです女の子

広島も梅雨明けしましたね

昨日は、大阪で

梅雨明けを堪能する

酷暑でございました

体調管理が

重要な季節ですね

さて、

なぜ、徳川家康は

天下人となれたのかはてなマーク

諸説ございますが、

織田信長は、

部下を間違え

48歳でなくなり、

豊臣秀吉は、

贅沢しすぎて、

63歳でなくなりました

徳川家康は75歳の

長命で天下を取った

ともいわれております

つまり、


健康管理で

天下を取ったともいえますビックリマーク

彼の実践していた

食事法は、

チェック毎日、5色の食事をとること



  まめ、ごま、ひじき、のり

白 白菜、大根、とうふ、

     白身魚、ご飯

  きなこ、卵

青  ほうれんそう、こまつな、いわし

      さんま

    トマト、にんじん、赤身の肉、まぐろ

特に、 と 黒


の食品をたくさん撮るとよいそうですよビックリマーク

わたくしも、実践してます

 チェック 腹八分目

食前には、温かいお汁を戴き

はし置きを使って、

はしを置きながら

ゆっくりと、

だ液をしっかり分泌させながら

腹八分目のお食事です

チェック 家康が愛した鷹狩

   に象徴されるスポーツ

天下取りに

一番大切な事は、体調管理

社会に役立つ起業家に

大切なことも体調管理アップ

今年も酷暑を乗り切りましょう

読者登録してね

\

関連記事一覧