草間彌生さんの世界観に魅了されました【5/22迄 国立新美術館】

みなさま、こんにちは。
ピンク社長こと多田多延子です。

香川県にある直島で草間彌生さんの大きなかぼちゃのアートに魅了されました。
それからなんとも愛らしい水玉の大ファンです。

草間彌生さんは、「世界で最も人気のあるアーティスト」
(2014年、英『アート・ニュースペーパー』紙)に選出され、
テート・モダン(ロンドン)やポンピドゥ・センター(パリ)など
世界に名だたる美術館での個展を成功させ、中南米やアジア、
北欧でも大規模な展覧会を行うなど多くに人々を魅了し続けています。

一方で、草間彌生さんの芸術家としての歩みは緩まることはありません。

花やかぼちゃをモティーフとした生命力溢れる彫刻作品、
そして色鮮やかな色彩を大胆に駆使した絵画作品が、
今この瞬間も生み出されているのです。


想像をはるかに超える素晴らしい展覧会です。

会場に入る前から草間ワールドでお出迎えです。

撮影可能なフロアーがあります。

みなさん夢中で撮影されています。

オブジェを前にすると別の星に紛れ込んだような錯覚に陥ります。

幼少期の壮絶な体験から作家になられた草間彌生さん。

まさに、生きることが「描く」事なのです。

 

だれでも草間ワールドに参加出来るコーナーもありましたよ。

頂いたシールを貼ってアートを作ります。

草間ワールトのすばらしさに圧倒され、
彼女の努力に感動いたしました。

六本木の国立新美術館で5/22まで開催されています。

 

宝石赤草間彌生展覧会
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/kusama2017/

関連記事一覧