色彩療法から始まった「ピンク」との出会い

みなさま、こんにちは。

ピンク社長こと多田たえこです。

2009年に

世界最大の折り鶴のギネス記録への


チャレンジの記者会見から

365日(お悔やみを除く)

ピンクを着続けています。

ビバリーヒルズでは、
広島をこよなく愛するピンク社長 多田たえこ

突然、「一緒に写真撮ってくださいアップ

みんな、ピンクを1点以上


身につけている女性のグループ

取り囲まれたりあせる

世界中にピンク好きの方は多いですね。

いつからピンクをきているんですかはてなマーク

と、よくご質問頂きます。

子供のころから、ピンクは好きでした。

意識的に、ピンクを着始めたのは

10歳くらいでしょうか。

両親が、自然療法の薬局を経営していて

色彩療法というものがあると知ってからです。

それから、心理学自然療法にも興味をもって

勉強を始めました。

色によって、体温が上がったり

ホルモンの分泌が活性化されたり

とても感動したことがきっかけです。

その中でも、ピンクは

しあわせを感じるホルモンを分泌することや

発がん性物資を1/10にする効果が

医学的に実証されている事に感激して、

「お逢いする人がピンクを見ることによって

しあわせになってほしいビックリマーク

と思いました。

それが、ピンクとの最初の出会いです。

読者登録してね

\

関連記事一覧